株式会社マックグラフィックアーツ

MGAスタッフブログ - マックグラフィックアーツスタッフの不定期ブログ

ワイヤーフレーム作成サービスの定番「Cacoo」の話を今一度

5年近く使い続けた結果がこちらです。

インフォメーションアーキテクトの宮内です。

……という書き出しの割に、IAっぽいネタが最近少なめだったので、今回は5年近く愛用しつづけているオンラインドローイングツール「Cacoo」について書きたいと思います。

「Cacoo」はBacklogで知られるヌーラボさんが運営されているサービスで、Webブラウザ上でワイヤーフレームやサイトマップを始め様々な「図」を簡単に作成することができ、複数人で共有・編集できたり、様々な形式で出力できたりと、簡単さと高機能を併せ持った素敵サービスです。

自分は主にサイトストラクチャの作成やワイヤーフレームの作成でバリバリ使ってます。これが無いと仕事にならないってレベルで。既に世界中で100万人ものユーザーを獲得しているサービスなので、改めて説明するまでもないかもしれませんが、自分なりのCacooの魅力について書いてみたいと思います。

ステンシルでサクサク作業が進む

Cacooの魅力はなんといってもステンシルが充実している点にあります。

サイトマップやワイヤーフレームでよく使われるパーツが予め分類されて登録されているので、これらをドラッグ&ドロップするだけで、サクサクっと図が出来上がります。

また、Cacoo Storeというサービスでは、デフォルトで用意されている以外の様々なステンシルやテンプレートが用意されていますので、必要に応じてこちらからステンシルを追加するとより便利に使えます。

個人的には、コンセントさんのSite IT!をサイトストラクチャ用に使わせてもらっている他、Yahoo! Design Pattern Libraryのステンシルも便利です。

ライブラリ・テンプレートが自作できる

よく使うワイヤーフレームのパターンやステンシルは、自作のテンプレート・ステンシルとして登録することが可能です。個人的によく使うパーツは随時追加して使い回せるようにしています。

約5年も使ってるので、この蓄積を活かせるのはなかなか大きいです。

PowerPointで使用する図の作成にも

Cacooを愛用する何よりの理由として「軽い」ということが挙げられます。そして、MacのPowerPointの重さといったら……。特に図表の扱いづらさはなかなかのもの。

CacooはPDFやPNG、AIといった形式の他、PowerPoint形式での出力にも対応しているので、スライドで使用する図をCacooで作成し、PowerPoint形式で出力&貼り付けも可能です。

個人的にはスクリーンショットの様な提案書内で使用するような図もCacooでバリバリ書いてます。

クライアントとの連携にも

Cacooのシートは他のユーザーと共有することも可能ですので、お客様にざっくりとしたワイヤーフレームの叩き台を用意してもらい、それをベースにBacklog等で構成要素を詰めながらワイヤーフレームを作り込むという流れでも活用してます。

同じヌーラボのサービスということで、Cacooで作成した図をBacklogのタスク等に直接貼り込むことも可能です。

上手く説明できているか不安ですが…

ざっと「自分がCacooを使い続ける理由」を書き連ねてみましたがいかがでしたでしょうか?

(ファイル書き出し等機能は一部制限されますが)無料で始められますので、ぜひ試してみてください。オススメです。

ページトップに戻る